キャプチャ.JPG

#Airbus #FlightSimulator #PMDG #Prepar3D #Boeing #MSFS #Aerosoft #FSX #X-PLANE #P3D #フライトシミュレーター #航空機 #空港 #長崎空港 #福岡空港 #羽田空港 #東京国際空港 #関西国際空港 #伊丹空港 #中部セントレア空港 #成田空港 #新千歳空港 #那覇空港 #projectFLY

© 2023 by Going Places. Proudly created with Wix.com

About Me

フライトシミュレーターパイロットになって早何年になるのだろう。

 

もともとの要因は幼い時。カッコいい制服に憧れていたパイロット。夢叶わない職業であるということが分かったのもその頃。ある人からこう言われた「色弱はパイロットになれないんだよ。諦めなさい。」この事がわかったときのショックはかなり大きかった。これはどうしようもないこと。今でも母は「色弱に生んでしまって、ごめんね。」と言う。親のせいではない、親を恨んでも仕方がない。

今思えばパイロットになれなくても、その職業に関連する職業(グランドなどの地上スタッフ)などの選択肢があったのだろうけれども、そのときにはそこまで機転が効かなかった。いや、その職業には触れたくはなかったのが本心だろう。

小学、中学、高校、大学と進学し地元に帰って就職をして、就職祝いとして自分にパソコンを購入した。PC-98シリーズ。その当時、35万円以上の大きな買い物だった。(パソコンは本当に高かった・・・)ときにWindows3.1から95へ大改革が起きている時代だった。

そこでパソコンショップで目についたものそれが「Microsoft Flight Simulator 95」だった。1996年に発売されたこれは、後のフライトシミュレーターの火付け役となり大ヒット作となったものだ。忘れかけていたパイロットの夢が心の底から湧いて溢れてきた。バーチャルの世界だったら飛べる・・・。そうこの時から。

時代は移り変わり、Microsoftのフライトシミュレーターチームも時代の流れで解散し開発は中止。今や「Prepar3D」の時代となった。ポリゴンは大幅改善され、あたかも実機のようなシミュレートで飛ばすことが出来る。グラフィクも大幅進化し遠目で見ると実写とも区別がつかないようになってきた。

フライトシミュレータをやっている諸先輩方は、バーチャルでのATCで飛ばれている方もおられる。さすがにここはでは自分はできないが、とてもいい時代になった。

これだけの環境でシミュレートするには、それなりのハードへの投資(お金など)も必要となる。若い時分ではそのあたりがクリアできない。40代の落ち着いた年齢になってやっとこのようなハードルを超える事ができるようになった。(20~30代は我武者羅に働いていたからね)

​家族の理解もある。夜な夜なPCの前に居座り、バーチャルの世界のパイロットをやっている夫、父を理解する、寛容に見守っている家族にも恵まれた。「父が幼い頃、なりたかったもの」との理解があるのだろう。

さあ、やっと夢のパイロットになれた。バーチャルの世界だからってなんだ。飛べればいいじゃないか。空想の世界でもう一つの生きがいになるはずだった「やりたいこと」をやっていこう。

How long have you been a flight simulator pilot?

 

The original factor was childhood. A pilot who yearned for a cool uniform. It was then that I realized that my dream would never come true. One person said to me, "Color blindness can't be a pilot. Give up." and I was quite shocked when I realized this. It can't be helped. Even now, my mother says, "I'm sorry that I gave birth to a child with a pale complexion.". It is no use blaming your parents.

Looking back, even if I couldn't become a pilot, I might have had options such as a job related to that job (Ground and other ground staff), but I didn't have the tact then. No, he didn't really want to touch the job.

He went to elementary school, junior high school, high school, and university, went back to his hometown, got a job, and bought a personal computer for himself to celebrate getting a job. PC -98 series. It was a big purchase of over 350,000 yen at that time. It was a time of major change from Windows 3.1 to 95 when (Computers were really expensive...).

What I saw in the computer shop was "Microsoft Flight Simulator 95". Launched in 1996, it became a big hit as it sparked a future flight simulator. The dream of the pilot that I had almost forgotten sprang from my heart. You can fly in a virtual world... Since then.

Times have changed, and Microsoft's flight simulator team has been disbanded. Now is the time of "Prepar3D". The polygons have been greatly improved and can fly as if they were real machines. Graphics have evolved so much that they are no longer distinguishable from live action in the distance.

Some of our senior flight simulators are flying virtual ATC. I can't do it here, but it's a very good time.

Simulating in these environments also requires some hardware investment (Money, etc.). I can't make it in my youth. It was not until I reached a calm age of 40 that I was able to overcome these hurdles.

There is also the understanding of the family. She was also blessed with a husband, a virtual pilot, who sat in front of a PC all night, understanding her father, and a generous family. "What my father wanted to be when he was young" he said.

Now, I've finally become a dream pilot. Because it's a virtual world. Why don't you fly? Let's do "What I want to do" which was supposed to be another purpose in the fantasy world.