• Toapapa

MSFS2020 視点移動と登録方法

更新日:3月22日


※2021/03/22…内容一部修正


MSFSにはまだ実用可能なカメラアドオンが存在していません。デフォルトの機能を使って視点の移動を行わなければならない状況になっています。今後、アドオンメーカーよりカメラアドオンがリリースされることと思いますが、それまではデフォを頑張って使っていかなければならないでしょう。


いろいろな方が視点設定の動画やwebで公開されています。私の方も備忘録として記事化しておきたいと思います。


まず、基本的な視点移動の操作方法

 ●左右…キーボードの矢印キー(←・→)

 ●前後…右ALT+キーボードの矢印キー(↑・↓)

 ●上下…キーボードの矢印キー(↑・↓)

 ●パン…マウス右ドラック

 ●デフォの位置移動…Fキー

 ●VFRコックピットモード(主要な計器と外部の両方がよく見えます)…F10

 ●IFRコックピットモード(計器に焦点)…F9

 ●着陸コックピットモード(滑走路が見えやすい)…F11

 ●主要計器類ビュー…右CTRL+1.2.3.4....


以下の灰色文字部分の情報間違っていました(2021/03/22修正)

残念ながら日本語キーボードでは前後の移動がキーボードではできないようなので左右をうまく視点を動かしながら調整する必要があります。


次に視点移動をやりやすくするために一つ先に設定をいじります。MSFSのOfficialフォルダを探します。Communityフォルダが有る場所ですね。一般的には以下の場所になっていると思います。


○Microsoft store

C:\users\「ユーザー名」\AppData\Local\Packages\Microsoft.FlightSimulator........\LocalCache\Packages\


○Steam版

C:\users\「ユーザー名」\AppData\Roaming\Microsoft Flight Simulator\Packages\



「Official」>「OneStore」フォルダを開け、設定したい設定したい機体を探します。今回はAerosoftのCRJ-700に設定するので、「aerosoft-crj」>「SimObjects」>「Airplanes」>「Aerosoft_CRJ_700」>「cameras.cfg」を探しメモ帳などで開きます。CFGファイルをいじくるのに抵抗がある方は、この段階でバックアップをすることをオススメします。


開くとこのような中身が表示されますので、上段にある…


[views]

;(feet) longitudinal, lateral, vertical distance from reference datum

eyepoint = -21.00, -1.600, 4.150; Matching seat and balls with less zoom!


の記述の中の「eyepoint = -21.00」の数字をプラス20~40ぐらい足します。40足すとすると「eyepoint = -61.00」に数字を書き換え上書き保存します。もともとこの数字は目線のデフォルトの位置となります。この数値をいじる理由は、視点の移動がコックピット内にあるとコックピット内から出ることができないためです。初期の設定をいじることでデフォの視点をコックピット外に出しておく必要があるためです。(※あとからこの数字はもとに戻しますので、覚えておいてくださいね。)


MSFSを起動し任意の空港でCRJ-700を出すと、デフォの視点がずれた状態で表示されます。私は以下ように表示されました。完全にキャビン内の視点になりましたね。


ここから仮の視点登録を行います。視点登録はキーボードで登録します。


●視点登録…CTRLキー+ALTキー+任意の数字キー(テンキーではない)

●登録視点呼び出し…ALTキー+任意の数字キー


矢印キーやマウスの右ドラックで視点を移動しながら、とりあえずの登録をします。登録しながらどの数字キーにどの視点を登録したのかメモるのがオススメです。

仮の視点登録としている理由は、このあと先程変えた「eyepoint = -61.00」を「eyepoint = -21.00」に戻した際に結局ずれてしまうからです。最終的な調整はこの数字を戻したあとに登録し直します。




ちょいちょいと移動しながら、CTRLキー+ALTキー+任意数字キーで仮登録します。

一通り仮の登録が終わったら、先程書き換えた「cameras.cfg」の「eyepoint = -61.00」を「eyepoint = -21.00」に戻します。


「cameras.cfg」をもとの数字に戻したら、登録したずれた視点へ、ALTキー+任意数字キーで視点移動し再調整をかけ、CTRLキー+ALTキー+任意数字キーで再登録します。

それから必要のコックピット内の視点登録もしておきましょう~。





私はこんな感じでコックピット内の視点登録もしておきました。

これで一通りの視点登録は終わりです。


YouTuberの「ふらいと」さんが動画でわかりやすく説明をされています。動画のほうが理解しやすい方はこちらを御覧ください。


各機種ごとに視点登録をしなければならないのが面倒くさいのがネックですね。早くChasePlaneなどのカメラアドオンがリリースされることを願うばかりです。

Special thanks!


□リペイント…Repaint Dog

□機体…Aerosoft Aircraft CRJ 550/700


□参考動画…ふらいと【Stay Home Airlines】

1,810回の閲覧

最新記事

すべて表示