• Toapapa

MSFS2020 PushBuckを簡単にしたい


プッシュバック(BushBuck)や、ボーディングブリッジ(Jetway)の動作は、MSFSに標準で装備されているのですが、使用するには何故かわざわざATCにリクエストすることとなります。実際にはグランドさんと直接やり取りをするのですが、イマイチ現実味が欠けていますし、操作方法もいいものではありません。


そこで、今回ご紹介するのは「PushbackHelper」というアドオンです。

このアドオン、フリー(無料)ですが、とても良くできていますし、直感的に使いやすい作品となっています。


1.ダウンロードと実行


こちらのflightsim.to(https://flightsim.to/)へ移動し「Pushback Helper」と検索をかけるかこちらへ移動しダウンロードしてください。

ダウンロードするには、このサイトへのアカウント登録(無料)をしておかなければなりませんので、事前に登録することをおすすめします。


アカウント登録をすると、ダウンロードができるようになる


ダウンロードしたファイルはZIP形式で圧縮されていますので、解凍しできたフォルダを任意の場所に保存してください。


後はMSFS起動後に「PushbackHelper.exe」を実行すればいいだけです。Communityフォルダに入れる必要はありません。


2.使用方法

プッシュバック等をさせるには、それぞれのボタンを押すだけです。(v2.5バージョンでの機能です。バージョンアップされると追加または削除される機能もあります。)

  • FORWARD…前進

  • REVERSE…後退

  • RIGHT…テールを右へ

  • LEFT…テールを左へ

  • TUG…タグボートを接続、切断

  • JETWAY…ボーディングブリッジを接続、切り離す

  • FUEL…給油トラックの呼び出し

  • MAIN DOOR…航空機のメインドア開閉(A320、787、747のみ)

  • EMERGENCY DOOR…エマージェンシードア開閉(A320、787、747のみ)

  • CARGO DOOR…貨物ドア開閉(A320、787、747のみ)

  • PARKING BRAKE…航空機のパーキングブレーキのセット、解除

  • TUG SPEED…タグボートの速度調整

実際にプッシュバックの方向操作はGSXのように、自動でお尻(テール)を振ってくれるわけではありませんので、タイミングを見計らってボタンを押すこととなります。

また、画面に表示されるUIはキーボードのPageUpキーを押すと表示、非表示を操作できます。


3.後書き


P3Dには「GSX」という素晴らしいアドオンが存在していますが、MSFSには残念ながらまだそのようなアドオンはありません。そのうち色々なアドオンが開発されリリースされることとなると思いますが、それまではこのアドオンを使うこととなりそうです。


このようなコメントをすると、まるでツナギで使っているようですが、フリーでここまでの機能が装備されていて、しかも使いやすいインターフェイスです。素晴らし作品ですね。作成者に感謝です。

また、バージョンアップもされていくと思いますので、定期的な確認を推奨します。


では、GOOD-DAY!


追記

この位置にタグボートはないよねぇ~(笑)